パキシル

早漏治療薬パキシル(一般名:パロキセチン PAROXETINE)

パキシルとは

パロキセチン

パキシル(パロキセチン)はプリリジー(ダポキセチン)と同じくSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)に分類されており、抗うつ剤の一種となります。

パキシルの有効成分パロキセチンは早漏症の適応は無く、主にパニック障害、うつ病、社会性不安障害などの適応として用いられます。ただ、副作用として射精障害があるため早漏症治療薬として適応外使用されています。プリリジーが登場する以前は早漏薬として多くの自由診療クリニックで処方されていました。現在では早漏に効果的な主成分ダポキセチンとするプリリジーが一般的となります。

パキシルの効果

海外の臨床試験のデータによりますと、パキシルを服用した被験者が射精に至るまでの時間が平均24秒だったのが30秒~90秒まで延長したと報告があります。

また、5時間前に服用することで4〜6人に1人の割合で射精までの時間が30秒〜90秒延長し、約10%〜30%の方が早漏が改善したという報告もあります。

パキシルとプリリジーは併用できません

パキシルとプリリジーは併用することができません。両薬剤ともに同じセロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)に分類されるためです。万が一併用してしまうと様々な副作用の症状が現れる可能性があるため、併用はお止め下さい。

また、セロトニン作動性をもつSSRI、3環系抗うつ薬、SNRIなどの薬剤を服用していた方は、薬剤を中断後、14日以内は併用禁忌となります。自分でどの薬を服用しているか分からないという方は一度医師に確認をとるようにお願い致します。

正しい早漏治療を

早漏症に適応のない薬剤でユリーフ (シロドシン)やトラマール(トラマドール)があります。前者の薬剤は前立線膨大症、後者は癌性疼痛の適応がある薬剤です。ユリーフは逆行性射精の症状が現れるため、射精感を得ることができません。またトラマールは依存性があるため中毒になってしまう可能性があります。

早漏治療を行う場合はプリリジー(ダポキセチン)やリドスプレーを使用するようにしてください。

診療メニュー一覧

診療の流れ
採用情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿西口ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック新宿南口院公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪梅田ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪なんばユナイテッドクリニック公式サイト
京都ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6665-6425
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
(休診 15:00~15:30)
アクセスのご案内 診療の流れ 求人情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿西口ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック新宿南口院公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪梅田ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪なんばユナイテッドクリニック公式サイト
京都ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト