シアリスジェネリック

シアリスジェネリック

国内製のシアリスが出る?

バイアグラ、レビトラに続いて登場したシアリスは「第3のED治療薬」と呼ばれています。このうち一番最初に登場したED治療薬であるバイアグラはすでに特許が切れており、国内外で多くのメーカーからジェネリック医薬品が登場しています。日本国内においてシアリスは日本イーライリリー社が販売しているいわゆる先発薬のみが流通しており、ジェネリック医薬品は登場していません。しかし、近い将来に特許が切れるとの噂も耳にしますので、国内製のシアリスジェネリック登場の日もそう遠くないのかもしれません。

日本イーライリリー社はアメリカに本社を置くイーライリリー社の日本支部です。国内で流通している薬剤であっても生産は海外の工場で行われており、国内で再パッケージしたものを医療機関へ発送するという形をとっています。

シアリスの特許切れ後は様々な製薬メーカーがジェネリック医薬品開発に取り組むでしょうが、同種のED治療薬であるバイアグラジェネリックを販売しているファイザー製薬、辰巳化学、東和薬品といった製薬会社が本命になるのではないでしょうか。ジェネリック医薬品は「成分名+容量+メーカー名(略称)」の形で販売名称が定められています。シアリスはタダラフィルを主成分といているため、シアリスジェネリック登場の暁には、例えば東和製薬からの販売なら「タダラフィル20mgトーワ」となることが予想されます。なお、先発薬であるシアリスには5mg、10mg、20mgと3種類の容量が販売されていますが、全ての容量においてジェネリック医薬品が登場するかというと必ずしもそうではなく、効果が低く需要の低い5mgについては販売されないのではないかとの意見もあるようです。

シアリスとシアリスジェネリックでは効果は同じ

シアリスに限らず、先発薬とジェネリック医薬品とで作用機序、効果及び副作用、併用禁忌薬、その他の注意事項などに差はありません。原則としてジェネリック医薬品は、含有される有効成分を始め、効果の出方や効果が出るまでの時間などにも同一性が求められるからです。同量の有効成分を含んでいるのですから、先発薬とジェネリック医薬品を飲み比べても差がでることはありません。唯一大きく違うのが価格面ですが、これにはジェネリック医薬品は先発薬に比べて開発費などのコストが抑えやすいという明確な理由があります。低コストでED治療に取り組むことができるので、ユナイテッドクリニック各院でもシアリスジェネリックを積極的に処方していく予定です。

ジェネリック医薬品とは

先発薬と効果は同じでも安い価格
シアリスジェネリック

ジェネリック医薬品とは既に流通している先発薬と同様の効果効能を持ちながら、別のメーカーが製造販売を行っている医薬品のことです。医療機関などでポスターを目にした方も多いでしょうが、現在の日本においては医療費削減の観点からジェネリック医薬品の使用が推奨されていることもあり、ジェネリック医薬品の種類は非常に多くなっています。

新薬(先発薬)の開発には莫大な費用や期間がかかり、10年以上の年月を要することも珍しくありません。一方、ジェネリック医薬品の場合、製造認可を求めるにも既に研究開発が済んでいる薬が対象になるため、非常に短い期間で認可が下ります。また、効果効能の根幹にかかわる主成分などの部分が同一であれば、見た目やコーティング剤の色などに変更を加えることができます。ジェネリック医薬品はこういった特徴からコストカットによる価格抑制がしやすく、医療費削減に繋がるとして、厚生労働省も普及に腐心しています。

シアリスジェネリックの効果

シアリスジェネリックの効果は、現在流通しているシアリスと同様になります。ジェネリック医薬品認可のルール上、先発薬同様にタダラフィルを含有しており、かつタダラフィルの効果が適正に発揮されていなければ、シアリスジェネリックとしての認可を受けることができないからです。主成分に変更がない以上、効果の同一性に疑いはありません。

シアリスは効果時間の長さを特徴としたED治療薬であり、シアリスジェネリックも同様の使い方が可能です。10mgの服用で20~24時間、20mgの服用で30~36時間もの間効果が継続するため、デートの前や旅行の際にあらかじめ服用しておいたり、シチュエーションによってはバイアグラなど他のED治療薬と使い分けることもできます。シアリスの大きな特徴として食事やアルコールによる影響を受けないと思われている方も多いですが、他のED治療薬と比較して別格の許容範囲を持つとまではいきません。具体的には食事なら約800kcal(牛丼並盛1杯強)、アルコールならビール中便1本程度といったところであり、それ以上の過剰な飲食は効果を弱める原因になります。

シアリスジェネリックの服用方法

シアリスジェネリック服用の際は、水またはぬるま湯を使用してください。即効性の面では他のED治療薬に劣り、およそ服用後1~2時間程度で効果が表れます。バイアグラやレビトラが直前に服用する必要があるのに対し、シアリスは早めのタイミングであらかじめ服用しておき、行為に備えておく使い方がお勧めです。

ED治療薬の服用が初めての方だと、ED治療薬を服用する緊張やプレッシャーなどの心理的要因から、ED治療薬の効果が十分に発揮されないことがあります。また、ジェネリック医薬品に対する猜疑心から、同様の結果になってしまう方もいらっしゃるようです。ED治療薬の服用に不慣れな試行回数の少ないうちに判断してしまわずに、最低でも6回から7回程度は試してみてから効果測定をするようにしてください。それでも効果を実感できない場合は、処方を受けた医師に相談してみましょう。なお、1日あたりの上限は20mgまでです。いくら効果が出ないからといって、上限を超えた服用は絶対にしないでください。

シアリスジェネリックの副作用

シアリスと同様、顔のほてり、目の充血、頭痛などの症状が起きることがありますが、いずれも軽微な症状で済むことがほとんどです。ED治療薬の服用に慣れてくると、顔のほてりをED治療薬の効果が出始めたサインと捉えることもできます。また、頭痛に対してロキソニンを併用するなど対処療法を採ることもできますので、副作用が気になる方は医師にご相談ください。

海外のシアリスジェネリック事情

海外ではジェネリックの方が主流
シアリスジェネリック

既に特許が切れており世界中の製薬会社が販売しているバイアグラジェネリックとは異なり、シアリスジェネリックがまだ登場していないのは先述の通りです。しかし、海外では特許事情の異なる一部において、レビトラやシアリスのジェネリックが流通しています。そしてシアリスジェネリックを手掛けるメーカーの中には、バイアグラでお馴染みのファイザー社も名を連ねています。シアリスジェネリックは他にもさまざまな種類がありますが、いずれも正規の製薬メーカーが製造を行っており、安全性や信頼性についても全く問題はありません。

シアリスジェネリックのネット通販・個人輸入

個人輸入は危険
シアリスジェネリック

シアリスジェネリックを日本国内で購入するには、個人輸入代行や通信販売を利用して海外で流通しているものを購入するしかありません。インターネット上では、実際にシアリスジェネリックを購入した方の口コミなども掲載されているようです。しかし、インターネットを経由して入手した薬剤は高い割合で偽造品が混ざっていることが製薬会社や厚生労働省の調査でわかっており、薬剤の安全性は一切保証されていません。

また、仮に本物であったとしても、健康状態次第ではシアリスの服用ができないケースもありますし、万一健康被害が出た際は全てが自己責任となることを受け入れなくてはいけません。いずれにせよインターネット上で流通している薬剤を安易に服用すると危険なので、ED治療に興味をお持ちの方は必ず医療機関にご相談ください。

診療メニュー一覧

診療の流れ
採用情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿西口ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック新宿南口院公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪梅田ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪なんばユナイテッドクリニック公式サイト
京都ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6665-6425
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
(休診 15:00~15:30)
アクセスのご案内 診療の流れ 求人情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿西口ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック新宿南口院公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪梅田ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪なんばユナイテッドクリニック公式サイト
京都ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト